順番からしてリコ回なのは、妥当として、
前巻の終わりでいってたキメラというのがちょっと予想外だったり

空戦魔導士候補生の教官 (4)

前巻の平和っぷりが嘘のような今回の展開。
と言っても危険なところに出かけていきましたという感じだったけどな。
前巻でいかにもって感じでもったいぶってたキメラが
今回限りの一発キャラだったのが予想外といえば予想外で
ちょっと期待はずれかなという感じ
てっきりカナタについてるアレと深い関係があって
物語は一気に真相へってのいうのを少し期待してたんだけどな。

アニメ化の話が出たから引き延ばしにかかったとか
そういうのじゃないよなとか考えてしまいました。

そんなこんなでリコの話
前の巻でユーリとの会話でそれっぽいことを言ってたけど
それが今回一気に顕在化したという感じですかね。
その先の仲間を信頼するところまでの流れは
わりとテンプレっぽい感じながら読ませるいいできでした。

あとは、最後に出てきた娘のことかな。
これも前回のキメラ同様、次巻でいきなり使い捨てとかは、さすがにないよな。
それっぽい重要人物っぽく見えたし……。
とは、言えまだ深く考えてもしょうがないのでとりあえず次巻を待つことにします。
スポンサーサイト



2014.07.21 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->