投票率は前回の衆院選より低いという言葉を聞くたびに思うんだが
マスコミが必至に煽っていた衆院選と
ほとんど触れなかった今回と較べるのは、どうかと思う。

較べるなら今回も
投票に行こうというキャンペーンをしたうえで
較べるのが筋というものではないだろうか。

投票率が高ければ価値があるというわけじゃないから
あまり関係ないことなのかもしれないけど
投票に行こうというキャンペーンは毎回するべきかも。
選挙に興味を示さない人がいるって
よく考えるととんでもないことだと思うんだけどな。
スポンサーサイト



2011.04.24 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
-->